高橋金属株式会社

亜鉛・アルミダイカスト・機械加工は 「確かな技術」を誇る高橋金属株式会社へ

ダイカストとは

ホーム > ダイカストとは

ダイカストとは

ダイカストとは

ダイカスト(Die Casting)とは、精密な金型に溶かしたアルミニウム合金、亜鉛合金などの非鉄金属をダイカストマシンを用いて高速・高圧で注ぎ込み、瞬時に成形する鋳造方式です。また、特徴としては、寸法精度が高く複雑な形状にも対応でき、鋳肌が美しく強度に優れているものを大量に生産することができます。高橋金属ではお客様のご要望に適した材料をこれまでの豊富な経験や知識から判断し、ダイカストの特性を最大限に活かした製品をご提供します。

  • アルミダイカストの特徴
    アルミダイカストの特徴

    アルミダイカストは経済的で鋳造しやすいため生産量が多い。また、亜鉛と比較すると軽量なうえ、高い強度をもっており、導電性、熱伝導性に優れています。耐食性が良好で、加工性にも優れた製品を製造する事ができます。

  • 亜鉛ダイカストの特徴
    亜鉛ダイカストの特徴

    亜鉛ダイカストは、加工性に優れ、複雑な形状や寸法精度のきわめて高い部品の製造、さらには高度の薄肉化が可能で、抜け勾配が小さく鋳造後の成形も容易、またアルミダイカストに比べて、金型寿命が長い。

ダイカストの特性

  • 生産性の高さと高精度な仕上がり

    他の鋳造法と比べ、高精度で複雑な形状の製品を形成でき、さらに短時間で多量に製造できます。

  • 製品の強度と軽量化

    他の鋳造法と比べ、薄肉に仕上げる事が可能な為、軽量化でき、さらに高い強度を併せ持ちます。

  • 生産性の高さと高精度な仕上がり

    鋳肌がとても美しく滑らかに仕上がり、さらに寸法も安定しています。

  • 製品の強度と軽量化

    表面が滑らかに仕上がるため、メッキや塗装といった鋳造後の処理が容易にできます。

このページの先頭へ戻る