高橋金属株式会社

亜鉛・アルミダイカスト・機械加工は 「確かな技術」を誇る高橋金属株式会社へ

会社概要

ホーム > 会社概要 > 会社沿革

会社沿革

昭和39年2月 広島県福山市にて亜鉛ダイカスト部品の生産開始。
個人企業として高橋金属を創業。
平成1年10月 資本金1,000万円にて高橋金属株式会社を設立。
同時にアルミダイカストマシン(125t)導入。
平成4年5月アルミダイカストマシン(350t)導入。
平成8年6月岡山県井原市木之子町 木之子工業団地に工場新築・移転。
平成15年1月ISO9001:2000 認証取得
平成15年10月アルミダイカストマシン(350t)導入。工場増設
平成21年4月アルミダイカストマシン(650t)導入。
平成21年11月検査機器(X線透過装置・投影機・発光分光分析装置)を導入。
平成21年11月井関農機株式会社と取引開始。
平成22年1月ISO9001:2008 版に更新。
平成22年6月金型設備(放電加工機・マシニングセンター V33・ワイヤーカット)を導入。
平成23年3月金型設備(平面研磨機・細穴加工機・マシニングセンター 530C)を導入。
平成23年8月三菱自動車工業株式会社と取引開始。
平成23年12月アルミダイカストマシン(650t)導入。
平成24年1月ISO14001:2004 認証取得。
平成24年9月流動解析ソフト、発光分光分析装置を更新。
平成24年9月マシニングセンター V56iを導入。
平成24年10月髙橋 功 社長就任。
平成27年8月アルミダイカストマシン(800t)を導入。
平成28年2月マイクロフォーカスX線透視検査装置を導入。
平成28年9月アルミダイカストマシン(900t)を導入。
平成29年3月横型マシニングセンター a51nxを導入。
平成29年7月三次元測定機(3Dスキャナー付)を導入。
平成29年11月日産自動車株式会社と取引開始
平成30年1月ISO9001:2015 版およびISO14001:2015 版にそれぞれ更新。
現在に至る
このページの先頭へ戻る