高橋金属株式会社

製品紹介

主要設備紹介

  • アルミダイカスト設備
    アルミダイカスト設備

    アルミダイカストは強度に優れており、アルミ素材ですので軽量化にも優れた製品を製造することができます。

  • 亜鉛ダイカスト設備
    亜鉛ダイカスト設備

    亜鉛ダイカストは寸法精度に優れており、さらに薄肉な仕上がりや複雑な形状の部品を製造することができます。

  • 機械加工
    機械加工

    マシニング加工・NC旋盤などによりアルミダイカスト部品・亜鉛ダイカスト部品の機械加工を行っております。

produt-under

新着情報

  • 平成30年1月

    ISO9001:2015版およびISO14001:2015版にそれぞれ更新しまた。

  • 平成28年7月

    三次元測定機(3Dスキャナー付)を導入しました。

  • 平成29年3月

    横型マシニングセンター(a51nx)を導入しました。

  • 平成28年9月

    アルミダイカストマシン(900t)を導入しました。

  • 平成28年2月

    マイクロフォーカスX線透視検査装置を導入しました。

  • 平成27年8月

    アルミダイカストマシン(800t)を導入しました。

  • 平成25年10月

    高橋 功 社長就任。

  • 平成24年9月

    金型の設計・設備を充実し、社内製作を開始しました。

  • 平成24年9月

    発光分光分析器更新しました。

  • 平成24年9月

    流動解析ソフト導入しました。

  • 平成24年1月

    ISO14001:2004 認証取得しました。

  • 平成23年12月

    アルミダイカストマシン 650t導入しました。

  • 平成23年8月

    三菱自動車工業株式会社と取引開始しました。

  • 平成23年3月

    金型設備(平面研磨機・細穴加工機・マシニングセンター 530C)を導入しました。

  • 平成22年6月

    金型設備(放電加工機・マシニングセンター V33・ワイヤーカット)を導入しました。

  • 平成22年1月

    ISO9001:2008版に更新いたしました。

  • 平成21年11月

    検査機器(X線透過装置・投影機・発光分光分析器)を導入しました。

工場内部

  • アルミダイカストライン

    アルミダイカストライン

  • 亜鉛ダイカストライン

    亜鉛ダイカストライン

我が社の特徴

一貫生産システムの確立

1.方案検討2.金型設計・解析3.金型・治具・検具 制作
設計解析製作
4.鋳造5.機械加工6.検査
鋳造機械加工検査
このページの先頭へ戻る